マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

見どころ

初めてのボルネオ ダナンバレー 最終回 テイオウゼミ後日談

2017/02/02

スポンサーリンク

世界最大のセミ「テイオウゼミ」に会いたくてボルネオに行って

1回目にして、見事にその目的は達成できた。と思っていた。

クロテイオウゼミ 1998年 ダナンバレー

クロテイオウゼミ 1998年 ダナンバレー

クロテイオウゼミ 1998年 ダナンバレー産

クロテイオウゼミ 1998年 ダナンバレー産

結果として、
初めての海外ひとり旅になってしまったが、
大きなトラブルもなく無事に帰ってこれた。

よしよし。

小さなトラブルはひとつだけありました。

ラハダツ空港 1998年12月

ラハダツ空港 1998年12月

それは、ラハダツ空港で預けた荷物を、

その日1泊するコタキナバルの空港で

ずーっと待ってたのに出てこず、
ターンテーブルはむなしく
2周目をまわったところで

紙を見せながら係り員にきいてみた。

そしたら一言、「NARITA」。

そう荷物だけが一足先に、
成田に行ってしまったのだ。

仕方なく、サブザックひとつ、
着かえもなく
コタキナバルのホテルに1泊し、

半そで半ズボンで
12月の成田に帰ったのでした。

成田で荷物は受け取れましたので
大事には至りませんでした。

空港駐車場のお兄ちゃんに、
そんな恰好で寒くないですか。

と聞かれたのは今も覚えている。

ところが

2005年頃だったと思う。

豊橋市自然史博物館のHPに
「世界最大のセミの一種 クロテイオウゼミ」
という記述をみつけた。

世界最大は一種しかなかろう。
その一種とはなんだ。
しかも、「クロ」があたまについている。

豊橋市自然史博物館に問い合わせしてみたが、
要領をえなかった。

その後
ぐんま昆虫の森にも行って、
調べたがわからなかった。

そして、そして

今年2014年4月たまたま、
所用で池袋に行った際ジュンク堂書店に寄ったら

こんな本が売ってました。

世界のセミ200種 大阪市立自然史博物館2007 2014.5.14撮影

世界のセミ200種 大阪市立自然史博物館2007 2014.5.14撮影

そこにはこんなことが書いてある。

テイオウゼミ Pomponia imperatria

頭の先から翅の先まで13センチの世界最大のセミ。
分布:マレー半島

クロテイオウゼミ Pomponia merula

全長:10センチ内外。
分布:ボルネオ島。

どうやら本家の世界最大のセミ
「テイオウゼミ」はマレー半島だけに分布しており、

ボルネオには「クロテイオウゼミ」しかいないようだ。

しかも3センチも小さい。

おわり

この項、一部重複しています。

関連記事

 

世界最大のセミ テイオウゼミのいる場所がわかった マレーシア キャメロンハイランドだ

初めてのボルネオ(マレーシア)に行くキッカケ

初めてのボルネオ その1(マレーシア) ダナンバレー コタキナバルまで

初めてのボルネオ その2(マレーシア) ダナンバレーまでの道 

初めてのボルネオ(マレーシア) その3 ダナンバレー アクティビティ

初めてのボルネオ(マレーシア) その4 ダナンバレー名物タイガーリーチ

初めてのボルネオ(マレーシア)-その5 ダナンバレー 夜の虫たち

初めてのボルネオ(マレーシア)-その6 ダナンバレーの森

初めてのボルネオ(マレーシア)-その7 ダナンバレー 蝶とサルの楽園

初めてのボルネオ(マレーシア)ダナンバレー 最終回 テイオウゼミ後日談

世界最大だと思ってたクロテイオウゼミ

スポンサーリンク

-見どころ
-, , ,