マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

見どころ

初めてのボルネオ その3 ダナンバレー アクティビティ

2016/07/26

スポンサーリンク

実はロッジに着いたと同時に視野に入ってきたのが

熱帯特有のアゲハ類(いまはキシタアゲハ類とわかった)であり、

キシタアゲハ類 1998年12月 ダナンバレー

キシタアゲハ類 1998年12月 ダナンバレー

アカエリトリバネアゲハもたまにスーッと
視界に入っては消えるということも

かなりアドレナリンが出る状態にありました。

PR

アカエリトリバネアゲハ 珍しいメス 1998年12月ダナンバレー

アカエリトリバネアゲハ 珍しいメス 1998年12月ダナンバレー

全体としてガイドウォークは鳥や哺乳類についての説明が多く、

昆虫に ついてはガイドの知識もそれほどでもないようであった。

夜は夜で自分の部屋の電灯に大型のセミがきて、

ガイドに聞けばimperial cicada というので

これこそがテイオウゼミである、
と一番の目的がこんなに簡単に達成できたことに驚いた。

このときは「テイオウゼミ」と思ってた。1998年12月ダナンバレー

このときは「テイオウゼミ」と思ってた。1998年12月ダナンバレー

大型のモーレンカンプオオカブトムシを
はじめとするいろんな虫もトイレなどの

電灯にいっぱいきており、
なかなか忙しい日々でありました。

モーレンカンプオオカブト 1998年12月 ダナンバレー

モーレンカンプオオカブト 1998年12月 ダナンバレー

ロッジの朝は早く、6時ころには一番のアクティビティが始まる。

霧の朝 1998年12月ダナンバレー

霧の朝 1998年12月ダナンバレー

朝はだいたい霧がたちこめており、湿気高く、涼しい。

PR

ひとまわりしたあと、朝食を食べて、
午前中もう一回、午後は比較的ゆるく

けっこう昼寝していた記憶がある。

高台からボルネオレインフォレストロッジを見下ろす 1998年12月 ダナンバレー

高台からボルネオレインフォレストロッジを見下ろす 1998年12月 ダナンバレー


高台から見渡す熱帯雨林の海、下にロッジが見える。右の川では泳げる。

そして夜は、トラックの荷台に乗ってナイトドライブに出かける。

けっこう寒く、長そでがほしいくらいだ。

寝ている鳥や、フクロウ、ホタル、大型のマメジカ、
野生のヤマネコなどに会える。

つづく

関連記事

初めてのボルネオ(マレーシア)に行くキッカケ

初めてのボルネオ その1(マレーシア) ダナンバレー コタキナバルまで

初めてのボルネオ その2(マレーシア) ダナンバレーまでの道 

初めてのボルネオ(マレーシア) その3 ダナンバレー アクティビティ

初めてのボルネオ(マレーシア) その4 ダナンバレー名物タイガーリーチ

初めてのボルネオ(マレーシア)-その5 ダナンバレー 夜の虫たち

初めてのボルネオ(マレーシア)-その6 ダナンバレーの森

初めてのボルネオ(マレーシア)-その7 ダナンバレー 蝶とサルの楽園

初めてのボルネオ(マレーシア)ダナンバレー 最終回 テイオウゼミ後日談

スポンサーリンク

-見どころ
-, ,