マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

見どころ

初めてのボルネオ その2 ダナンバレーまでの道 

2016/07/26

スポンサーリンク

翌日はコタキナバル発7:30の
ラハダツ行き国内線に乗る必要があるため

5:30空港着、
そのためには4時台に起こしに来るが、
朝食は要るか?

とホテルで言われ、
イエスと答えるしかない。

PR

食事も料金に含まれているハズだし、

5時台の空港で食べ物屋が
開いている保証もない。

なにより、できるだけしゃべらずに
ことをすませたい。

左側の座席に乗ると、
東南アジア最高峰キナバル山が良く見える。

キナバル山 1998年12月

キナバル山 1998年12月

朝早いフライトは
天気がいいと気持ちがいい。

キナバル山は
午後になるとガスが出てきて、
ほとんどみえなくなってしまう。

約1時間のフライト後、
ラハダツ空港に到着する。

ラハダツ空港 1998年12月

ラハダツ空港 1998年12月

ここがまた、超イナカの空港で
日本だと沖永良部空港みたいな
感じのローカルさである。

ラハダツ空港 2012.6.30

ラハダツ空港 2012.6.30

ここでも私の名前を書いた紙を
持ったオジサンが待っていてくれて
さながら温泉旅館のお出迎え風景だ。

とりあえずクルマに乗せられ、
ほど近い事務所で書類を書く。

ラハダツのツアー事務所 2012.6.30

ラハダツのツアー事務所
2012.6.30

名前、パスポートNo、職業、
出身国、何泊するか、・・・だったような。

そこに待ってたワゴン車のボディには
世界最大のガ:アトラスや

マレーシアの国蝶:アカエリトリバネアゲハが
描いてあり、
それだけで虫好きにはたまらない。

ワゴン車に乗る事、3時間、
途中ときどき休憩はあったものの未舗装で
いわゆるガタガタ道をひたすら走る。

ダナンバレーへの道 2002年5月

ダナンバレーへの道 2002年5月

後半の1時間半くらいからいよいよ
ジャングルになってきて、
フタバガキを中心とした
森のなかを通る。

1998年12月10日のことです。 

PR

3時間のドライブの末、
到着したのがボルネオレインフォレストロッジ。

ボルネオレインフォレストロッジ 1998年12月 ダナンバレー

ボルネオレインフォレストロッジ 1998年12月 ダナンバレー

これから4日間をここで過ごす。

まずはウェルカムドリンクがでてきて、
これから4日間の注意事項等の説明を受ける。

ウェルカムドリンク 2012.6.30 ダナンバレー

ウェルカムドリンク 2012.6.30 ダナンバレー


バッタをかたどったウェルカムドリンクの飾り。

英語であるが、
大変ゆっくりしゃべってくれるので
だいたいわかった。

3晩4日、そしてガイドはマンツーマンで
ひとりつきっきりでお相手してくれた。

昼食を食べて、
午後、夜、早朝、午前、午後、夜と
アクティビティがある。

フタババキ林 1998年12月ダナンバレー

フタババキ林 1998年12月ダナンバレー

朝はだいたい霧が出ている。

基本は2泊3日のようであるが、
なぜかこのとき3泊4日がセットされていた。

夜はナイトドライブかスライドショウなので、
3泊するとどちらかがまためぐってくる。

普通に歩ける体力があれば誰でも参加ができる。

キャノピーウォークウェイ 1998年12月ダナンバレー

キャノピーウォークウェイ 1998年12月ダナンバレー

何もしないで、ゆっくりする、
というのもアリです。

2012年に行ったときは
途中から一緒だった
ドイツの太った女性は
アクティビティはなにもせずにいたようだ。

食事も全部セットされており、

わけのわからないメニューで
注文する、ということもない。

紅茶、コーヒー、水は随時、
自由に飲める。 

一部の写真は、
2012年に行った時の写真を使ってます。

関連記事

初めてのボルネオ(マレーシア)に行くキッカケ

初めてのボルネオ その1(マレーシア) ダナンバレー コタキナバルまで

初めてのボルネオ その2(マレーシア) ダナンバレーまでの道 

初めてのボルネオ(マレーシア) その3 ダナンバレー アクティビティ

初めてのボルネオ(マレーシア) その4 ダナンバレー名物タイガーリーチ

初めてのボルネオ(マレーシア)-その5 ダナンバレー 夜の虫たち

初めてのボルネオ(マレーシア)-その6 ダナンバレーの森

初めてのボルネオ(マレーシア)-その7 ダナンバレー 蝶とサルの楽園

初めてのボルネオ(マレーシア)ダナンバレー 最終回 テイオウゼミ後日談

スポンサーリンク

-見どころ
-, ,