マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

動物

ボルネオ島ダナンバレーで出会ったブタオザル

スポンサーリンク
ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

 

英名: PIG-TAILED MACAQUE

学名:Macaca nemestrina

サル目オナガザル科

オナガザル科に属していながら
尾は長くありません。

ブタオのとおり、
豚の尾っぽのように、しっぽは

くるりんとまわっています。

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

 

この写真は、ダナンバレーの
ボルネオレインフォレストロッジで
アクティビティの合間に、
昆虫の写真を撮っていたら、
ロッジの建物の手すりにいたのを
見つけて撮りました。

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

普通、野生動物といえば、
人間の姿を見れば
すぐに逃げてしまいそうですが、
このブタオザルは
なんだか、
堂々とというか、
図々しいというか、
ぜんぜん逃げません。

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

ブタオザル 2012.7.2 ダナンバレー

 

以下は現地で買ってきた

図鑑「MAMALS of BORNEO」からの抜粋です。

【大きさ】
頭からお尻まで495mm  尾の長さ180mm  足の裏の長さ:158mm
(1匹のオス成獣の測定結果)
体重:オス成獣 7-9kg、メス成獣:4-6kg
(マレー半島の標本はより重い)

【見分け方】
全体オリーブブラウンで腹部は白く、頭頂部と首は濃い褐色。
短い尾が特徴的、ボルネオの他のサルは尾が長い。
一方、類人猿には尾がない。
本種は人間から逃げるために地面に降りる唯一の霊長類です。

【生態と生息場所】
通常、15-40匹の群れで生活するが、たまに単独のオスもいる。
食べ物は果実、小さい脊椎動物や無脊椎動物である。
ほとんどが山地の森林で暮らすが、ときに低地林に隣接した
プランテーションや庭などで穀物や果樹などの作物に深刻な被害を与える。
【分布】:
北東インド、中国南西部、東南アジア、スマトラ島と隣接した島々

ボルネオはMacaca nemestrina nemestrinaという亜種で、
低地林と標高1300メートル以上の高地で知られている。

 

スポンサーリンク

-動物
-, ,