マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

動物 野鳥

コウモリダカ   Machaeramphus alcinus とドラゴンダンス

スポンサーリンク
こういう高い木にいるコウモリダカ 2014年2月13日 ムル

こういう高い木にいるコウモリダカ 2014年2月13日 ムル

コウモリダカ 2014年2月13日 ムル

コウモリダカ 2014年2月13日 ムル

コウモリダカ 

英名:BAT HAWK  学名:Machaeramphus alcinus

コウモリのように黒いタカ、かと思ったら、コウモリを食べるタカという意味でした。

ここ世界自然遺産ムル国立公園では、夕方になるとその数、数百万匹(頭、羽?)という

コウモリが毎日、洞窟から出勤していきます。

コウモリの出てくる洞窟 2012年7月26日 ムル

コウモリの出てくる洞窟
2012年7月26日 ムル

観光客は洞窟の前に設けられた野外ステージで、花火を待つような雰囲気で

コウモリのお出ましをまちます。

コウモリを待つ人々 2012年7月26日 ムル

コウモリを待つ人々 2012年7月26日 ムル

別に、合図はありませんが、黒い塊が突然、洞窟から出てきます。

ドラゴンダンス コウモリのうねり 2012年7月26日 ムル

ドラゴンダンス コウモリのうねり
2012年7月26日 ムル

ドラゴンダンス コウモリのうねり 2012年7月26日 ムル

ドラゴンダンス コウモリのうねり
2012年7月26日 ムル

こわれたパチンコのように出てくる出てくる。

ドラゴンダンス コウモリの集団 2012年7月26日 ムル

ドラゴンダンス コウモリの集団
2012年7月26日 ムル

出てきた一団は一匹の龍がからだをくねらせるように、ウェーブ状に流れていきます。

これをドラゴンダンスといいます。

ドラゴンダンス コウモリのうねり 2012年7月26日 ムル

ドラゴンダンス コウモリのうねり
2012年7月26日 ムル

コウモリのえさは、蚊で、1匹のコウモリが食べる蚊は数十匹ですから

その総数量はまさに天文学的といっていいほどの数になるのでしょう。

それだけの数の蚊が毎日、供給されている、ということで、

ボルネオの自然の豊かさの証しかもしれません。

蚊⇒コウモリ⇒コウモリダカの順で、昔、習った食物連鎖がつながっています。

そういえば、ドラゴンダンスを見に来た半そで半ズボンの人びとは

パチンパチンと蚊をたたいておりました。

雨の日はコウモリは洞窟にこもったまま出勤しないということです。

スポンサーリンク

-動物, 野鳥