マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

動物 見どころ グヌンムル国立公園

ドラゴンダンス (ムル)

2016/07/26

スポンサーリンク

マレーシアの世界遺産、

グヌン・ムル国立公園では

夕方になると数百万匹の
コウモリが洞窟から飛び出してきて、
夕食を食べに行きます。
その出てくる様が壮絶で
壊れたパチンコ台のように、
出てくる出てくる、
これでもか、
というくらい出てきます。

コウモリのえさは蚊だといいます。
数百万のコウモリが1日何匹の蚊を
食べるのかわかりませんが
数百万×蚊の数という大量の蚊が
毎日供給されているわけです。

 

PR

 

ボルネオのジャングルの豊かさを
象徴するような話だと私は思っています。

日本だとガンやカモなどの渡り鳥が
飛ぶ様子を棹になり、カギになり、
というように
こちらではコウモリが飛ぶ様子を
竜が躍っている様子にみたてて
ドラゴンダンスといいます。

コウモリの出てくるディアケイブ

ディアケイブ

ディアケイブ

その様子をみるために、
夕方になると夏の花火を待つように
人々が観覧席で待ちます。

上ばかり見ていると首が
痛くなるので寝転んで見ている人もいます。

半そで半ズボンで待っている人は
蚊に刺されますので、
パチンパチンと蚊をたたく音がたえません。

コウモリを待つ人たち

コウモリを待つ人たち

出てきたコウモリ

出てきたコウモリ

出てきました。出てくる出てくる。

まさにドラゴンダンス、龍が躍っているようです。

まさにドラゴンダンス、龍が躍っているようです。

IMG_6155

IMG_6221

Wrinkled-Lipped Bats (Tadarida (Chaerephon) plicata)
ヒダクチオヒキコウモリを含む12種類のコウモリが
記録されている。

その数、250万~350万匹と
見積もられている。
コウモリは17:30~18:30
の間にだいたい出発する。

個々のコウモリは5~10グラム
の昆虫を食べるといわれる。

これにより莫大な量の糞が洞窟内にたまる。
それを餌にする昆虫たちも集まってくる。

この写真の土のように見えるのは
全部コウモリの糞です。
グアノといいます。

ゴキブリも来ています。

コウモリの糞に集まる虫たち

コウモリの糞に集まる虫たち

関連記事
コウモリを食べる鷹コウモリダカ

スポンサーリンク

-動物, 見どころ, グヌンムル国立公園
-, , ,