マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

チョウ・ガ

トラフタテハ  Parthenos sylvia、 Clipper

2015/04/07

スポンサーリンク
トラフタテハ 2006年11月24日 キナバル公園

トラフタテハ 2006年11月24日 キナバル公園

トラフタテハ 2006年11月24日 キナバル公園

トラフタテハ 2006年11月24日 キナバル公園

トラフタテハ 1998年12月 ダナンバレー

トラフタテハ 1998年12月 ダナンバレー

トラフタテハ 1998年12月 ダナンバレー

トラフタテハ 1998年12月 ダナンバレー

トラフとは虎斑のことだと思う。

前翅長:46-48mm

学名:Parthenos sylvia、 英名:Clipper

力強く、スイッスイッといった感じで飛び、結構止まってくれる。

翅の表面の模様は山水画のようなイメージで、

派手な原色使いが多い熱帯のチョウたちとは一風変わった雰囲気である。

ジャングルの忍者のような、

といっても何のたとえにもなりませんが、

とにかくそんな言葉浮かんでくるのです。

食草はPassifloraceaeとなっているので、

調べてみたらトケイソウ科ということで、

これはパッションフルーツの仲間です。

ということはパッションフルーツの害虫ということ

になるのかもしれません。

スポンサーリンク

-チョウ・ガ