マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

チョウ・ガ

キララウラナミシジミ Anthene emolus emolus  ⇐ベレニケアマミウラナミシジミ  Nacaduba berenice  Common Small Wave Blue

2019/06/20

スポンサーリンク

キララウラナミシジミ Anthene emolus emolus

当初下記の名前で掲載していたところ、2019年6月19日に、
読者の方から、キララウラナミシジミ Anthene emolus emolusである、との
ご指摘をうけ、訂正します。

× ベレニケアマミウラナミシジミ  Nacaduba berenice  Common Small Wave Blue

ありがとうございました m(--)m

ベレニケアアマミウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

キララウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

 

これもムル空港での飛行機待ちの時間に撮影できたものです。

ベレニケアアマミウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

キララウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

 

 

 

パッと見、
日本のウラナミシジミによく似ており、

その親戚だろうとは想像できた。

ベレニケアアマミウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

キララウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

 

ベレニケアアマミウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

キララウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

 

しかし、なかなカメラと翅が平行に
なれるような場所に止まってくれず

仕方なくシャッタ―を切ったが、
ちっともいい絵が撮れませんでした。

九州の島嶼部にはアマミウラナミシジミという
よく似た仲間がいるようです。

ベレニケアアマミウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

キララウラナミシジミ 2014.2.13 ムル

 

 

(参考)ベレニケアマミウラナミシジミ
学名:Nacaduba berenice
英名:Common Small Wave Blue

前翅長:12-15mm

(参考)ベレニケアマミウラナミシジミの食草と分布
食草:ムクロジ科 sapindaceae とヤマモガシ科proteaceae

分布: インドからスンダランドを通ってオーストラリア  P83

ベレニケアマミウラナミシジミは、後翅に尾状突起があるが、
キララウラナミシジミにはない。

スポンサーリンク
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

-チョウ・ガ
-,