マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

チョウ・ガ

ムカシヒカゲ  Neorina lowii (Malayan Owl)

2016/01/26

スポンサーリンク
ムカシヒカゲのいるジャングル 昼なお暗い 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲのいるジャングル 昼なお暗い 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル


ちょっと遠いが、まずは一枚。

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル


たぶん手前の草がレンズにかぶさっている。

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル


翅を開いたり

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル

ムカシヒカゲ 2014.2.12 ムル


閉じたりします。

学名:Neorina lowii 

英名:Malayan Owl

前翅長:45~52㎜

食草:イネ科 日本のヒカゲチョウ類と食べるものは変わらない。

でも同じイネ科といっても、葉っぱの硬さや栄養分は

日本のイネ科とはずいぶん違っていることが

想像できます。

・名前について
どこが、ムカシなのか、ヒカゲといいながら日なたに出てきたり、

よくわからない和名がついてます。

英名のマレーのフクロウのほうが、すっきりしています。

・昔から、蝶やその他の昆虫を撮るにあたって

ストロボを焚くのはけしからん、

自然光で撮りなさい、と

長いこと思ってきたけど

こんな暗いジャングルでは

ストロボ使わなければ、

真っ暗で何も写りません。

ガの撮影を夜にするのと同じ原理で

ストロボ使うしかありません。

できるだけ自然光で、というのは

恵まれた日本にいるからこそ

普通に思っちゃうけど

真っ暗なジャングルでは

夜間の撮影と同じように

ストロボなしでは写りません。

分布:マレー半島、ボルネオ、スマトラ、パワワン

1年中繁殖可能。

スポンサーリンク

-チョウ・ガ