マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

チョウ・ガ

アンフリサスキシタアゲハ  Troides amphrysus

2016/01/26

スポンサーリンク
オス 1998年12月ダナンバレー

オス 1998年12月 ダナンバレー

オス 1998年12月ダナンバレー

オス 1998年12月 ダナンバレー

学名:Troides amphrysus 英名:Golden Birdwing

キシタアゲハとは黄 +下 +揚羽です。

後ろ翅が黄色いアゲハのことで、ボルネオ特産のボルネオキシタアゲハというのも

いるようですが、 高い山だけなので、ここではみられません。

初めてボルネオに行ったとき、ロッジに着いてすぐに、

このアゲハが赤い花につぎつぎやってきて

本当に感動したものです。ほかにアカエリトリバネアゲハ、ナガサキアゲハ、

シロオビアゲハなども来ていました。

黒と黄色の翅がいかにも南国風で、楽園というのはここのことだったのか、

と思ったくらいです。

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

これもオスとメスとはかなり違った翅の模様で別種かと思うほどですが

一緒に飛んでいたりするので、雌雄とわかりました。

アゲハチョウ類は日本では蝶道というのがあって、

林の縁などをつぎつぎにやってくる場所がありますが

ボルネオにも蝶道があるようで、やはりつぎつぎとアゲハチョウ類がやってきました。

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

2オス 右上メス 1998年12月ダナンバレー

2オス 右上メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

IMG-0358メス 1998年12月 ダナンバレー[/caption]

上オス 下メス 1998年12月ダナンバレー

上オス 下メス 1998年12月 ダナンバレー

下オス 1998年12月ダナンバレー

下オス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

メス 1998年12月ダナンバレー

メス 1998年12月 ダナンバレー

オス 1998年12月ダナンバレー

オス 1998年12月 ダナンバレー

しかも、初めて見る大型のチョウばかりなので、

ほんと時間を忘れるという感じで見入っておりました。

でも、当時のフィルムカメラと腕ではなかなかうまく写ってくれず、

比較的ましなのがこれらの写真です。

いまみたいにデジタルでないので、

たくさん撮ってあとから選ぶというわけにはいきません。

1回の旅行で36枚撮りフィルム10本程度しか撮っていません。

いま360枚という枚数なら、ほとんど毎日のように撮っています。

フィルムではおカネがかかってしまうのでそんなにたくさん撮るわけにはいきませんでした。

スポンサーリンク
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]
LINEで送る

-チョウ・ガ