マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

見どころ

マレーシア航空成田発コタキナバル行き直行便の発着時刻が11月から変わります

2017/01/13

スポンサーリンク

ボルネオ島のジャングルの玄関口、

コタキナバル空港への成田発直行便の

発着パターンが11月から変わります。

2016年10月現在

月曜日と木曜日運航

MH81  成田発    15:20  ⇒コタキナバル着 20:20

MH80  コタキナバル発7:40   ⇒成田着 14:20

2016年11月から

月曜日と木曜日運航

MH81  成田発    9:30  ⇒コタキナバル着 15:00

MH80  コタキナバル発0:50   ⇒成田着 7:20

帰りのMH80は、正確には月曜日・木曜日ですが、感覚的には日曜日・水曜日の夜中です。
ネット上の予約サイト、例えばエクスペディアでは、

木曜日出発でも、実質的には水曜日の夜中の0:50に出発する便が
出てきます。

もちろん、成田到着は、木曜日の朝7:20です。

 

月曜日の便だと、朝7:20に成田に着くので、

成田空港から直接会社などの勤務先に出勤する、

なんてこともありえます、ネ。

 

行きについては、9:30成田発となると、

通常国際線は2時間前受付なので、

7:30には空港にいる必要があります。

となると、成田周辺で前泊の必要な人も多くなるかもしれませんね。

あるいは、成田に朝到着する夜行バスなどの

利用がありえます。

今回の変更により、

木曜日発月曜日帰りだと、土日休みの勤務先の人は、

木曜日、金曜日を休みにすれば、月曜日は、休まなくても、

そのまま成田空港から出勤、なんてことも

可能性としてはありえます。
成田ーコタキナバル直行便のヒコーキは

ボーイング737-800型で、

意外と小さく座席数は160くらいです。

こんな小さい飛行機で

大丈夫?という感じですが、

ちゃんとコタキナバルまで飛んでいきました。

このヒコーキは、

クアラルンプールーコタキナバル間でも

使われており、

まさに国内線の感覚です。

マレーシア航空の保有している飛行機のなかでは

一番数が多い機種です。

成田ークアラルンプール間は、

エアバスA330-300で、

こちらは300名分くらいの座席数があり、

ボーイング737-800型よりは大きめです。

スポンサーリンク

-見どころ
-,