マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

果物

ボルネオのくだもの  SPONDIAS PINNATA  マレー語 KEDONDONG

スポンサーリンク
2012.6.27 コタキナバル

2012.6.27 コタキナバル

左が SPONDIAS PINNATA  8コで1Rm 、中:グァバ、右:マンゴー          

この写真では一番左の果物です。真ん中はグァバ、右はマンゴーの漬けたの。

このときは名前を聞き逃してしまいました。名前は別の機会にクアラルンプールで食べた時のメモによります。

今度行ったとき、ちゃんと聞いてきます。

ボルネオで食べたときは結構うまかった。

甘酸っぱいシロップに漬けてありウメとウリをあわせたような

食感と歯触りであった。

大きさはビワの果実くらいです。

2013.1.16 コタキナバル

2013.1.16 コタキナバル

これは7コ入り。                                

これをひとつひとつ皮をむいて、シロップにつけて、スライスして

長い爪楊枝つけて、ビニール袋にいれて、8コで30円なんて、安すぎます。

ボルネオではないけどクアラルンプールで食べたときは全体が硬い上に芯が硬く、

食べ進むうちに繊維の塊のようなものが口の中に残り、決してウマイとは思えませんでした。

日本語ではアムラタマゴノキなんて訳がついているようですが

日本ではみたことありません。

スポンサーリンク

-果物