マレーシア、ボルネオ島生き物探しの旅

マレーシアのボルネオ島のダナンバレー、世界自然遺産キナバル公園、ムル国立公園などで出会った巨大昆虫やヘンテコな生き物、珍しい生き物、食べ物、旅のエピソードなどを紹介しています。

その他の虫たち

巨大なナナフシとやや巨大なナナフシ

2015/05/27

スポンサーリンク

【巨大ナナフシ】

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

持っていった捕虫網の直径が50センチです。なので少なくとも30センチはあります。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー


ガイドの頭の長さよりは長いのがわかると思います。

IMG-0268
ガイドの腰から太腿にかけての長さがあります。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー


このコは野外にいたものとは別でロッジの事務所に2晩くらいずっとじっとして動きませんでした。

サバ州だけでナナフシの仲間は80種くらいいるといわれています。

でもここまでデカいのはそうはいないんではないかと思います。

基本的にナナフシは植物食なので、

これだけの大きな体を維持していくだけの食べ物、葉っぱが

このジャングルに豊富あるということの証しであると思います。

そして80種という種類数を維持できていることもジャングルの豊かさの証明です。

日本ではナナフシ類はせいぜい数種にとどまります。

【やや巨大なナナフシ】

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

虫を撮るへんな東洋人を見る西洋人。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー


 色は緑でなく、褐色。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

 左下までのびているのは前脚、とんでもなく長い。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

現地で買ってきたナナフシ簡単図鑑をパラパラめくってみた。

だいたいの大きさがページごとに書いてある。

でも100mm超えるものはそんなにいません。

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

1998.12月 ダナンバレー

555mmを記録したというGIANT MALAYAN STICK(Phobaeticus serratipes)や

メスが235-278mm、オスが127-175mmという

GREAT THIN STICK(Ramulus nematodes)あたりが大きい方の部類だ。

大きさとパッと見の絵合わせで行くと、
どうやら、この写真のものはGREAT THIN STICK(Ramulus nematodes)に似ていると思う。

そして、前半の巨大ナナフシは
GIANT MALAYAN STICK(Phobaeticus serratipes)に違いない。

これ以上大きなヤツは記載されていないからだ。

英語なんて読めなくたって、大きさと絵だけ見ていけば、
これはこれでオモシロイ作業である。

この本です。AMAZONでも売ってるみたい。

おもとめはこちら
Phasmids of Peninsular Malaysia and Singapore: A Pocket Guide

スポンサーリンク

-その他の虫たち